MENU

友人とのさりげない話で思ったこと

友人と話をするときってどのような事に気を付けていますか?
多分ほとんどの人が、何も気にせず普通に話をしているのではないかと思います。

 

私も、もちろんそうです。
しかし、気になっている人であった場合、なかなか話がしにくいということがあります。
これが不思議なもので、嫌われるかもしれない。私は変かもしれないというどうでもいい理由なんです。w

 

人は思った以上に自分に興味がない

友人や好きな人、また家族とも話をしていて、本当に感じたのは、自分の話なんて実は思った以上に周りは気にしていないということです。
逆にいうと、自分自身も人の話には、さほど興味を示さないということです。
たまに、洋服や趣味など自分が興味があれば多少の反応を示しますが、それ以外については、情報としてただ人は垂れ流しています。

 

しかし、自分の好きな人や気になる人がいる場合というのは、実に不思議なもので、自意識過剰になりすぎてしまうんです。
そのため、せっかく話すチャンスや恋のチャンスがあっても逃してしまうということがあります。

 

私も、このような経験が何度かありますが、冷静に考えてみると、人って興味がある話以外の情報は、ほとんど脳から抜けてしまうんです。
これは、あまりたくさんの情報を頭に詰め込んでしまうと、パンクしてしまうということと、情報処理しきれなくなってしまうためです。

 

意識しているひととは何を話す?

では、意識している人に、逆に印象を持ってもらうためにはどうすればいいのでしょうか?
答えは簡単です。
上記の反対で、相手が興味にある話をするだけです。
人によっては、ギャップや意外性で、より強く印象をもってもらえるかもしれません。
もちろん、自分がある程度好きになれるような話題でなければ、すぐにばれるので気を付けてくださいね!

 

ちょっとしたことですが、こんなことでも世界は変わります!