MENU

ミラーリングの力!

皆さんは、ミラーリングという言葉を知っていますか?

 

相手と、同じ行動をとることです。
例えば、相手が飲み物を飲む動作を取ったとしたら、自分も同じように、飲み物を飲むということです。
このような行動をすると、相手が親近感を無意識に得て、次第に心を開いてくれるという方法です。

 

あまり食事の時に、何度もミラーリングを繰り返してしまうとさすがに、気持ち悪く取られてしまいますので、あまり使いすぎは注意してくださいw

 

さて、ミラーリングはシチュエーションごとに使うことで、より効果を発揮します。
よく、飲み物でミラーリングの解説をしているので目立っていますが、それだけ繰り返しても破滅が待っているだけですw

 

 

では、ほかにどの場面で使えばいいのでしょうか?

 

 

一緒に移動をするときのミラーリング

 

一緒に移動するときに使うのが、歩幅を合わせるのと、スピードを合わせるというものです。
同じタイミングで行動をすると、次第と相手が心を開いていきます。
自分と同じ行動をすることで、安心感や協調性を得ることが出来ます。
あまり同じすぎると、単なる二人三脚になるので、気を付けてください。

 

 

会話で使うミラーリング

行動だけではなく、会話でもミラーリングを使うことが出来ます。
これは、長年連れ添った夫婦にも多いのですが、話すタイミング、テンポを同じにする。
同じテンポで話をすることが出来れば、自然に会話も弾みますし、相手も自分のことを居心地よく感じてくれます。
相手の話を注意深く聞いて知ることが大事なのですぐには実践できませんが、使うことが出来れば効果は大です!

 

出かけるときのミラーリング

出かけるときのミラーリングは、けっこう高等テクニックです。
普段から、相手を知っている場合にはすぐにできますが、会社員の方などは、最初は難しいかもしれません。
出かける際には、相手が好きな配色の服装をすることで、好みが同じということで親近感を持ちます。
一緒にいる時間や、話をする際に、事前に情報を聞いておくと、行動にうつしやすいです。